僕は「動画市場が流行っているから始めたい」という理由で映像/動画を仕事にするのをオススメしてません。

(ビジネス的な観点、動機としてはいいと思うのですが)あまり長続きしないんじゃないかな?と考えているからです。

この記事でその理由を説明していきますね。

※あくまでぼく個人の見解なので「必ずこれが正しい!」というものではないことをご了承ください

理由1. 好きじゃないと続かない

まず最初にキツめなことを言いますが、これからはじめる前に知っておいてほしいのが「好きじゃないと続かない」仕事だということ。

そのいちばんの理由が「時間」です。

1本の動画ができるまでに相当な工数と時間がかかってしまうんですよね。

 

たとえば一般的なYouTube動画(5分程度)の編集でも

  1. データの整理:数十分〜1時間
  2. 編集:5時間程度
  3. 書き出し:数十分程度
  4. 確認:数分程度
  5. アップ:数分(アップロードのWi-Fi環境次第)

PCのスペックにもよりますが合計6〜10数時間程かかります。

これに撮影もセットになってくると撮影準備(ロケハン・ストーリーボード作成など)や撮影の工数が重なってくるという感じ。

まったく知らない人からすると予想以上に工数がかかるのでその労力を超える “好き” がないと続かないと経験上感じています。

なので僕はまず最初にiPhoneから動画制作をしてみて、楽しむことがはじめの一歩だと考えています。

理由2. 参入するのに大金がかかるから

続いて、いざ始めようとしたときに壁になるのが「お金」

“動画編集” のみを仕事にするとしても

  • PC:¥300,000
  • HDD:¥10,000
  • Wi-Fi:¥60,000(1ヶ月¥5,000)
  • ソフト代:¥60,000(1ヶ月¥5,000)

と年間で¥400,000ほどになってしまいます。

カメラなどの機材を揃えたりするともっと高くなりますね。

先ほども言いましたが、動画・映像を撮ったり編集することが好きで楽しいと思える人じゃないとなかなかモチベーションが保てないのでまずは手元にある機材で楽しむことをおすすめしてます。

せっかくお金をかけて機材を揃えたのに結局やめてしまったなんてことになってしまうのも寂しいので。

理由3. 遊ぶようにみんなと作品をつくりたいから

最後の理由が遊ぶようにみんなと作品をつくりたいから。「なんじゃそりゃ」と思うかもしれませんが本気です。

このブログを見て学んでくれている人と一緒に作品をつくったり、機会があれば一緒にお仕事していきたいと僕は考えてます。

なので「5Gで動画が流行ると思ってはじめることにしました」よりも「動画を撮ったり編集するのが楽しいからもっとスキルアップしたいんですよね」

という人の方が一緒にわくわくしながら作品を作っていけるんじゃないかな。なんて思うんです。

まずは楽しみましょう

“好きこそ物の上手なれ” という言葉があるように「楽しい」という思いが一番にある人はあっという間に成長していく印象です。

当ブログではiPhone/PC両方のクリエイティブに関するノウハウや楽しみ方を発信しているので是非合わせてご覧ください。

\日本初の講座を作りました。/

制作スキルから稼ぎ方まで学べる動画編集者育成講座を運営しています:GAK SESSION