【思考法】職場の人間関係で悩んでるやつ、ちょっと来い。

どうも。こんにちは。ヒロ(@hiro94cp)です。

職場の人間関係っていろいろとめんどくさくて悩みますよね。

ぼくも入社してからずっと悩みの種でしたが、考え方を変えてから気にならなくなりました。

今回はその思考法をご紹介。

職場の人間関係を楽にする4つの考え方

リフレーミングを駆使しよう

リフレーミングとは

意味を変えるために、その人が持っている枠組(フレーム)を変えることである。

出典 : リフレーミング―心理的枠組の変換をもたらすもの

よくわかんないですよね。笑

ここではマイナスな見方をプラスの見方に変える方法って覚えといてください。

たとえば

米の業者がある町に行ったが、その町には米を食べる習慣がなかった。

「米を食べる習慣がないところでは米が売れない」と捉えるとマイナスですが

「米を食べる習慣がないから全員に売ることが出来る」と捉えるとプラスになりますよね。

実際のコミュニケーションでのいい実例を紹介。

マイナスをプラスに変換してますね。

コミュニケーション以外でも応用できるので是非取り入れてみてください。

ポイント

反射的にキレてしまうと使えない。

過度な期待をしない

やっておいてくれるだろう。できるだろう。

という前提でいるから、してくれなかった時やできなかった時に腹が立つのです。

赤ちゃんにバク転しろなんて言う人はいませんよね?

人はできるわけがないことを求めません。

つまり最初から過度な期待をせず

「あとで自分がやっておこう。」

という心意気で働いていると、その人がしてくれたときに

「おっ、助かるなあ。」

と感謝できるようになりますよ。

ポイント

バク転できる2歳児が実在した。(まじか)

https://www.instagram.com/p/-bc6VHLRer/?taken-by=arat.gym

引用元 : https://www.instagram.com/arat.gym/

その人のいいところを探す

苦手な人や嫌いな人はどんな職場にもいるものです。

そんなときはその人のいいところを探すようにしましょう。

悪いとこしかないなんて人はそうそういません。

頑張って探せば流石になにか1つは見つかります。

そしてそれを自分に取り入れてみましょう。

そうするとあなたの持つその人へのイメージが変わる&自身のスキルアップにも繋がります。

しかし、たまに「嫌い」が勝ってどうしても見つけられない人がいます。

そのときの最終手段。

そんな人を大事に思う両親や友人が(きっと)いる。(はず)

そう思うと気持ちがすこしおだやかになります。

ポイント

がんばる。

好きなことを考えて忘れよう

嫌な人のことを思い出してその人がいないのにイライラしてしまう。

そんなときはなにか自分の好きなことを考えるようにしましょう。

マイナスなことをずっと考えてる時間がもったいないです。

楽しくてわくわくすることを考えましょう。

ぼくはイライラしても今日はブログでなに書こうかなとか考えてすぐ忘れるようにしてます。

ポイント

ハッピーなことで頭を埋め尽くそう。

まとめ

・リフレーミングを駆使する

・人に過度な期待をしない

・頑張っていいところを探す

・好きなことを考えて忘れる

以上、職場の人間関係を楽にする4つの考え方でした。

結論として伝えたいのは

日々の時間をできる限りプラスなことを考えることに使った方が絶対人生楽しいってこと。

楽しくないことやわくわくしないことに大事な人生の時間を費やすのがもったいないので。

それでもすっきりしないときはブログ始めて書いちゃいましょう。

意見や情報を発信するのはスッキリしますよ!