スポンサーリンク

banner

※2018年6月25日更新

 

「独学でデザインを学びたいけど、どんな本を読めばいいのかわからない」

「現役のデザイナーがどんな本を読んでいるのか知りたい」

こういった疑問に答えます。

 

本記事のテーマ

【フリーランスデザイナーが教える】独学でデザインを学ぶのにオススメの本まとめ

 

おすすめの本

 

記事の信頼性

記事を書いている僕は、デザインを始めてから5年目。

完全独学ではじめて現在はフリーランスのクリエイターとして生活できるようになりました。

 

読者さんへの前置きメッセージ

本記事は「デザインを独学で学びたいけど、どんな本を読めばいいのかわからない」という方に向けて書いています。

 

この記事を読めば、フリーランスのデザイナーとして活動している僕が本当におすすめできる本と、その本を手に取ることでどういったことが学べるのかをイメージできる様になると思います。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

ノンデザイナーズ・デザインブック

デザインの基本の4原則をいい例・悪い例を交えながら紹介している本。

実際の作例が多くてわかりやすいので、まず手に取るならこの本がおすすめです。

 

ちなみに今なら20周年記念キャンペーンで応募者全員に豪華な特別PDFがもらえます。

参照:ノンデザイナーズ・デザインブック 20周年記念キャンペーン

応募の際は「#ノンデザ20周年」を添えるのを忘れないように気をつけてください。

 

要点で学ぶデザインの法則

おさえておくべき150のデザイン法則を完結に紹介している本。

デザイン以外にも応用できる法則があって、読んでて読み応えがあります。

デザインの幅を広げたいとき、説得力のある効果をつけたいとき約立つ一冊です。

 

観察の練習

この本はデザインの理論などを紹介しているわけではないのですが、自分らしいデザインを作るという点で約立つはずです。

アイデアの種は日常に隠れているということを実例付きで紹介しています。

普段は無意識的に見逃している “小さな違和感” からヒントを得て、新しいアイデアの種にするということはデザインでもよくあることなのでぜひ読んで欲しい一冊です。

 

というわけで以上です。

質問はTwitterから受け付けてますので、お気軽にどうぞ。

廣田貴弘(@hirota_takahiro)|Twitter

 

短期でのデザインレッスンもやっています。興味ある方はどうぞぜひ。

参照 ≫ 1日の超短期集中型デザインレッスン(Photoshop)をはじめます。

スポンサーリンク

banner

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です