<COIN POCKETのおすすめオンライン英会話スクール(無料レッスン付)>

  1. DMM英会話(登録無料)(25分の無料体験レッスンが3回)

 

「英語を話せるようになりたいなあ。」

そう思ってもなかなか行動に移せないですよね。僕もそうでした。笑

なぜなら覚えても実際に使う機会が無い or 話せなくてもどうにかなるからです。

 

昨年ふとしたきっかけで自己流で勉強を始めたところ、3ヶ月でネイティブの友人と英語で日常会話できるくらいの英語を身に付けることができ、今ではアイスランド人の彼女と毎日英語で会話してます。

今日はそんなぼくが話せるようになった5つの方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

はじめに

まず僕が勉強を始めようと思ったのはパートナーのエミリアに一目惚れをしたことがきっかけ。

とにかくデートしたいと思ったから、英語を勉強することにしました。

なのでゴールはビジネス英語ではなく日常会話の習得。

そのために特化した(日常生活を送れるレベルの英語力を身に着ける)オリジナルの勉強法です。

 

僕の英語独学勉強法(5ステップ)

それでは早速勉強方法を解説していきます。

<やったことリストを簡単にまとめるとこのような感じ>

  1. 自分用の英会話ノートをつくる
  2. 英語に触れる時間を増やす
  3. “分からない” ままにしない
  4. リアルな英語を真似して覚える
  5. とにかく口にする

 

1.自分用の英会話ノートをつくる

自分だけの英会話ノートを作ること。

これがCOIN POCKETがおすすめする独学勉強法の第1歩目。

 

<自分用の英会話ノートの作り方>

  1. 「おはよう」から「おやすみ」までの間に自分が使う言い回しを日本語で書き出す
  2. 日本語のフレーズをすベて英語に訳す

この2ステップで自分専用の英語ノートの出来上がりです。

ノートにまとめたフレーズを自然に話せるようになれば、自分の日常生活とおなじくらいの発言ができるという考え。

 

勉強を始めた当時はデート関係の文章ばっかり勉強してました。

いまはスマホでぱぱっと済ませることが多いので、iPhone標準のメモアプリやLINEを使っています。

 

2. ボキャブラリー増&リスニング練習にドラマ・映画・YouTubeを利用

本とかで勉強していると出てくるのが日常会話程度には不自然なおカタい英語。

もっと自然な感じに話せるようになりたかったので、しゃべり言葉が学べるツールとして海外の映画・ドラマ・YouTubeを見ていました。

<勉強法はいたってシンプルです>

  1. 字幕:英語、音声:英語(このときわからない英単語とその単語が含まれた文章をリストアップ&調べて意訳)
  2. 字幕:日本語、音声:英語(理解できているかチェック)
  3. 字幕:英語、音声:英語(内容が理解できるかチェック)

音声:英語 / 字幕:日本語 に設定して、使えそうな言い回しがあったときは字幕を英語に切り替えてそれをメモしてました。

作品を楽しむついでにできるので続きやすいし、生きた英語を学べます。

NETFLIX が字幕をすぐに切り替えれる&作品数も多いのでオススメです。

 

3. わからない単語はすぐに調べる

「なんだっけこの単語?後で調べようっと」からの忘れてしまうやつ。

これ。英語を勉強している人に意外と多いケースだと思います。

もったいないのですぐに調べる癖をつけましょう。

 

これを続けるだけでボキャブラリーがだいぶ変わる印象です。

目安としては 単語の意味と実際に使えそうな例文 くらいをまとめておけば大丈夫かと。

weblioDMM英会話blog が丁寧な説明&例文も豊富なのでオススメです。

 

4. よく使われている表現をマネる

これも今まで説明してきた内容と被る要素があるんですけど、英語圏の人たちがよく使う言い回しをマネるのもかなり効果的でした。

 

僕の場合、英語を学び始めたときはまだ付き合う前の彼女とその友達たちが遊んでいる所によく顔を出していました。

いつも7,8人くらい居て、もちろん会話は英語。

このときに みんながよく使ってる言い回しをスマホにメモして帰り道にそれを調べる。そして次あった時に絶対使う” という方法で定着させました。

 

5. 実際に英語を口にしてみる

こうやってたくさんインプットしていっても実際に話さないことにはなにも始まりません。

なのでまずは実際に口にしてみましょう。

“文法は気にせず知ってる言葉を組み合わせて話す”

これだけでもだいたい伝わるし、間違えても優しい人なら丁寧に教えてくれますよ。

 

たまにめちゃくちゃな日本語喋ってる外国人がいても、だいたい言いたいこと理解できるじゃないですか。

それと同じで こちらに伝えたい気持ちがあれば相手は理解しようとしてくれます。

 

単語とジェスチャーだけしか知らなかった18歳の僕がオーストラリアで1ヶ月なにも問題なく過ごせたので

「日本人は完璧主義すぎる。もっと適当でいいのに。」とクウェート人の友達も言ってました。僕もそう思います。

間違いを恐れず口にしてみましょう。

 

まわりに英語を話せる環境が無いときはオンライン英会話がおすすめ

「英語をはなせる環境がない。。」

そんなときはオンライン英会話をおすすめします。

上でつくった英語の自分ノートの中で使いたい言葉を軸に教えてもらうのが一番いいかなと。

最初のレッスンは無料。というところが多いので、ひと通り試してみて自分にあったところを利用するのがいいです。

 

今回は僕が実際に使ってみて良かったオンライン英会話スクールを紹介しています。

すべて無料体験付きなので申し込んでみて自分にあうスクールを利用してみてください。

 

コスパ、実績とも安心のDMM英会話(25分の無料体験レッスンが3回付き)

<コスパ最強の各種プラン>

  • 1日1レッスンプラン:5,980円/月
    (1レッスン料金:193円)
  • 1日2レッスンプラン:9,980円/月
    (1レッスン料金:161円)
  • 1日3レッスンプラン:13,980円/月
    (1レッスン料金:150円)

利用者の数、コスパの良さ、どれをとってもおすすめなのがDMM英会話。

実際に試してみるとわかるんですけど講師の方も丁寧に教えてくれるのでおすすめです。

 

いつでも空いたスキマ時間で学びたい人はネイティブキャンプ(7日間無料)


 

ネイティブキャンプは「やりたいときにやりたいだけできる」ところがいいです。

  • 事前予約なしでも24時間いつでも話せて
  • 1回の会話が5分〜10分程度でも大丈夫
  • しかもレッスン回数の上限ナシ
  • 専用のアプリでそのまま話せるから準備しなくていい

この環境が1日あたり約180円で手に入るって相当アツいです。

無料期間が1週間あるのも嬉しいポイント。

 

この勉強法をおすすめしたい人

「とにかく英語が話せる様になりたい」「会話ができるようになりたい」という人におすすめです

逆に「TOEICで高得点を取りたい」「受験で通用する英語力を身につけたい」みたいな、勉強用の英語を身につけたい方には合わないかもしれません。

ですが、話す/聞く能力は鍛えられるので余裕があれば是非試してみてください。

 

動画でも解説しています

この英語の内容を動画でも解説しています。

基本的に彼女と写っている動画の会話は英語なので

 

あとはひたすらやるだけです

ここまでくればあとはもうやり続けるだけです。

いっかい話せるようになればあとは最初ほどやらなくても話しているうちにうまくなるので大丈夫かと。

 

  1. Google翻訳を使って日本語でよく使う言い回しの英語版を覚える
  2. 海外映画やドラマの字幕機能を駆使して気になる表現を拾おう
  3. わからない単語や言い回しはすぐ調べて自分の中に落とし込む
  4. よく使われている表現をまねよう
  5. とりあえず話してみる

上記を3ヶ月間毎日やれば、日常会話程度の英会話ぐらいはできるようになります。

以上、僕が英語を話せるようになるまでの勉強法でした。

 

英語をすこしでも話せるようになると例えば道を聞かれたときに

その靴いいね。どこで買ったの?なんて会話もはさめるようになったりして一気に世界が広がりますよ。

ぜひこの機会に学んでみてください。

YouTube
ここまでお読みいだきありがとうございます。
更新情報や限定コンテンツをLINE@であなたのスマホに直接お届けします。
LINEでヒロ(Takahiro Hirota)と友だちになる

スポンサーリンク

"ゼロからはじめる動画制作マガジン" 販売中!

Magazine

動画・映像の世界で生きていきたい!という人に向けて、ぼくのノウハウを詰め込んだマガジンを発行します。

・1本の動画ができるまで
・ひとつ上の制作のためのテクニック
・YouTube運営記録・戦略の公開
・お金を稼ぐための方法

など、ぼくが独学でここまで来るまでの過程で失敗したこと。お金のこと。制作のこと。伝えたいことをすべてまとめています。
マガジンの目次はこちら

コンテンツ内容の一部を「今だけ」無料プレゼント!

ぼくの公式LINE@を無料で友だち登録するだけです。今だけの期間限定ですので、お早めにどうぞ。
LINEでヒロ(Takahiro Hirota)と友だちになる