【ブロガー必見】スマホでアイキャッチや記事内画像を作る方法

  • スマホでアイキャッチや記事内画像を作りたい
  • けど方法がわからないからパソコンでやっている

 

今回はそんな方に向けて、スマホでアイキャッチや記事内画像を作る方法をご紹介。

この記事を読めば、このような画像をスマホだけで作ることができるようになります。しかも無料で。

 

 

気になりますよね?それではその方法を説明します。

 

使うアプリはこれだけ

 

手順をざっくりと説明

 

作りたい画像のイメージを決めて、その素材になる画像を準備する



PhotoLayersで各素材画像の必要部分の切り出す

同アプリでそれらを重ね合わせる

 

実際の作成手順を詳しく説明

作りたい画像のイメージを決める

今回作りたいのはこんな画像。

スマホで画像つくってますよ感を出したい。

 

  • スマホを触ってる人
  • 雲形のふきだし
  • スマホ画面

の画像を揃えればできそうなので、自分の写真やフリー画像サイトから合いそうなものを準備します。

注意

フリー画像には編集禁止のものもあるので、使いたい画像を提供してるサイトの規約は確認しておきましょう。

 

アプリの使い方

切り出し画面への移動

最初の画面はこんな感じ。

 

 

「追加/Add」をタップすると、テキストや画像を追加できます。今回は画像を選択。

 

 

画像が追加されます。

 

 

「✂︎」をタップします。

 

 

「消しゴム / Eraser」をタップします。

 

 

画像切り出しページに移りました。

 

基本的にこの画面で使うのは以下の3つ。

「手動/Mamual」:消したい部分の削除

「修正/Pepair」:元に戻したい部分の修正

「拡大/Zoom」:画像の拡大縮小

をそれぞれ行えます。

 

画像の切り出し方法

赤:ボタンメモリで消したい部分の大きさを調節できます。

黄:実際に消える部分の大きさです。上の画像の場合は「1」

 

消せる部分は最大でここまで大きくなります。

 

「オフセット/Offset」のボタンメモリでタップした部分と消える部分の広さを調節できます。

 

少し小さくするとこんな感じ。

ここを使うことで、指の真下の部分は見えないから使いにくいという問題を解消できます。

 

実際に動かしてみるとこのように不要な部分が削除されます。

 

上手に切り抜くためのコツ

画像をできるだけ大きく拡大して、小さなサイズの消しゴムを使います。

目的の部分と消したい部分の境界線よりほんのすこし内側を意識して上の画像のように削除します。

 

 

削除部分を大きくして、先ほど消した部分の上からなぞるように削していきます。

 

この方法で

  • 画像の境目部分に背景の色が入り込んでしまう
  • 境目周辺に消しきれてない細かい部分が残る

といった、結構ありがちであとから直すのがめんどくさい処理をふせぐことができます。

 

 

このように綺麗に切り取ることができました。

また、髪のあたりは細かくて難しいので、無理だと思ったらおもいきってバッサリと削除するのもおすすめです。

ぼくはこの写真は前髪の部分をバッサリいきました。

 

 

満足のいく編集ができたら、画面右上の「完了/Done」から元の画面に戻れます。

編集結果が反映されていますね。

 

この方法を繰り返して、各素材画像の必要部分を切り取ります。

 

画像を重ね合わせる

必要な画像が揃ったら各々を拡大縮小&スワイプして配置しましょう。

左上の◇が3つ重なったマークを押すと、各画像の順序を確認できます。

上にあるほど手前側、下にあるほど奥側に表示されています。

手前に表示したい画像をタップすれば1番上に移動するので、順序だけ入れ替えたいときに便利な機能。

 

また、このとき1番奥に表示したい画像は目的の縦横比にして「背景/Back」から追加しましょう。

背景画像は動かないので、配置するときの目安になります。

配置や大きさの調整が終わったときは右上の「保存/Save」から保存できます。

 

そして、出来上がった画像がこちら。

 

 

最初のイメージっぽく仕上げられましたね。

慣れるまで少し時間はかかりますが、慣れればすき間時間でササッと編集できるようになります。

 

また今回は使っていませんがテキストの追加もできて、手書き風のフォントもあります。

 

PhotoLayersが気になった方はこちらからどうぞ

 

以上スマホでアイキャッチ、記事内画像を作る方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です