「レポートってどう書けばいいの?」

「他の学生はどんな本を読んでるの?」

「テスト勉強に使える本を知りたい!」

という方に向けて書いています。

 

今回は自分が慶應通信生になってから役に立った・オススメされた本をすべてご紹介。

この記事を読めば、レポート作成やテスト勉強がはかどるような本に出会えるようまとめています。

 

スポンサーリンク

入学時(志望理由書)

世界のエリートが学ぶマクロ経済入門 – DAVID A. MOSS

 

「自分の学びたい学問領域にかかわる書籍を一冊選び、概要をまとめた上で、自身の視点から論評しなさい。」

という志望理由を書くために購入した一冊。

 

経済学の知識がなかった僕でも理解できるくらい、マクロ経済学の基礎がわかりやすく解説されています。

 

第1部「これだけは知っておきたいマクロ経済学の3要素」だけを読んで志望理由書を書いたら合格しました。

 

経済学

経済学・入門 – 塩澤修平

 

すでに入学されてた方に勧められて手にした本。

大学から配布されたテキストの内容が、よりわかりやすく丁寧に解説されています。

経済学の勉強はこの一冊があれば十分だと感じました。

 

レポートの書き方

【推薦書】レポート・論文の書き方入門 – 河野哲也

 

レポートの書き方の基礎を学べます。

大学が推奨している一冊ですが「今までレポートを書いたことがない。」という方はすこし難しく感じるかもしれません。

 

思考を鍛えるレポート・論文作成法 – 井下千以子

 

頻出のレポートタイプ、「説明型」の方法についても解説されています。

上で紹介してる「レポート・論文の書き方入門 」よりも、こちらの本の方が理解しやすい印象を受けました。

 

学割をつかっておトクに学ぶ

慶應通信生に心からおすすめしたいサービスが『Amazon Prime Student

  • 本の購入費の10%がポイント還元
  • お急ぎ便が無料で使い放題
  • ワードやエクセルなどのソフトが割引

その他にも10個以上のサービスが利用し放題に。

 

気になる無料期間は6ヶ月。半年間もあります。

 

無料期間後の年会費は1,980円。

なんと1ヶ月あたり159円です。

、、、Amazonさん太っ腹すぎません?笑

 

更にいまなら無料登録で2,000円分のポイントが貰えるとのこと。

ここまで来るとメリットしかなくて嬉し涙を流すレベルです。

 

この機会にAmazon Prime Studentを活用して、もっとおトクに学んでください。

 

今日のひとこと

ヒロ
いっしょに卒業目指してがんばりましょう。(レポート書かなきゃ。。)

スポンサーリンク

banner