この記事ではYouTubeチャンネルにて使用している曲の内、Sound CloudやYoutubeで聴くことのできる曲を紹介しています。

※ 中にはコピーライトフリーじゃない曲もありますのでご了承ください

スポンサーリンク

オープニング曲:Dj Quad – Soul

いつも動画の最初に使っている曲

HIP HOP色の強い曲をメインで使うことを決めて探していたときに見つけ、試しに1本目で使ってみたところ想像以上にハマったのでそれ以来ずっと採用しているお気に入りの一曲です

以前はDJ Quadさんのアカウントがあったのですが無くなっていたので上記リンクを掲載しています

エンディング曲:ID – eyes

友人のラッパー、IDの曲です

彼の曲の中でも特に曲調や歌詞が好きなので本人にお願いしてエンディングに使わせてもらってます

たぶん次のエンディングも彼の曲になると思います

ID / INSTANT DOPE EPの購入はこちら
ID / INSTANT DOPE EP配信・ストリーミングはこちら

初期エンディング曲:Rockz – Summer Time

タイトルのとおり、夏らしさの強いトロピカルな曲です

次の動画が楽しみになるような上がる曲を探していたときにこの曲を知り、とても気に入ったので初期のエンディング曲に使っていました

teck from GET A KICK

teckのはぼくが代表を勤めているGET A KICKというクリエイターチームのメンバーの一員です

得意なジャンルはジャズヒップホップなどチルアップ系のしっとりしたものが多め

どのシチュエーションとも喧嘩しないので話しているシーンのBGMとして彼の曲をよく使っています

City Flip – EP

teckの曲の中でもよく使っているのがこのCity Flipの収録曲

どの曲もとろんとする曲調でとても落ち着くので動画制作以外のプライベートでもよく流しています

音量ちいさめでBGMに使うのがオススメです

City Flip – EPの購入はこちら(2$|執筆時)

JAZZY HEAL from GET A KICK

GET A KICKにはJAZZY HEALというビートメーカーもいます

得意なジャンルはブレイクビーツ、ジャズ、ファンクなど味のあるものが多め

短時間で雰囲気を出したいB-ROLLで彼の曲をよく使っています

Love to the mates.

GET A KICKのデザイナーYUKとCOZIESTというブランドをやっているのですがそのPR動画用に作ってもらった曲です

ポイントはすこしビートをずらしているところで見せたい部分を目立たせやすいので目立たせたいシーンでよく使っています

Brass Groover

アップテンポで今にも踊り出したくなってしまう曲

盛り上がる曲を使いたいなってときやダンスのシーンによく使っています

Just Wanna Kissed.

昔のお洒落な映画で流れてそうなちょっと小粋な感じのする曲

料理、カフェ、デートのシーンに使うことが多いです

ヴェノムの映画公開に合わせてアップした考察動画のためにつくってもらった曲

「悪」っぽい雰囲気が気に入っていて、悪だくみをしてるシーンや怒っているシーンに使っています

“Get Down” to the Bone

この曲は先述のHEALに9割くらい助けてもらって作いながら自分でつくりました

HIP HOP色が強いので少し限定的にはなるけど積極的に使うようにしているお気に入りの曲です

※ その他にときめく音楽を見つけたら随時追記していきます

YouTube
ここまでお読みいだきありがとうございます。
更新情報や限定コンテンツをLINE@であなたのスマホに直接お届けします。
LINEでヒロ(Takahiro Hirota)と友だちになる

スポンサーリンク

"ゼロからはじめる動画制作マガジン" 販売中!

Magazine

動画・映像の世界で生きていきたい!という人に向けて、ぼくのノウハウを詰め込んだマガジンを発行します。

・1本の動画ができるまで
・ひとつ上の制作のためのテクニック
・YouTube運営記録・戦略の公開
・お金を稼ぐための方法

など、ぼくが独学でここまで来るまでの過程で失敗したこと。お金のこと。制作のこと。伝えたいことをすべてまとめています。
マガジンの目次はこちら

コンテンツ内容の一部を「今だけ」無料プレゼント!

ぼくの公式LINE@を無料で友だち登録するだけです。今だけの期間限定ですので、お早めにどうぞ。
LINEでヒロ(Takahiro Hirota)と友だちになる

2 件のコメント