【作品報告】るってぃ講演会、東京会場の様子を映像にしましたって話。

どうも。ヒロ(@hirota_takahiro)です。

 

先日、こんな映像を作りました。

るってぃさんという方が行った講演会の様子を収めたものです。

 

今回はその講演会の映像を

  • 作るときに意識したところ
  • もっと楽しめる?裏話
  • 編集するのに使ったアプリ

について、つらつらと書きました。

 

  • 表現活動をされてる方
  • 映像作りに興味がある方
  • 制作の裏話が気になる方

 

にとっては興味深い記事になるように書いたので、最後まで読み進めていただければ幸いです。

 

映像の内容について、簡単な流れの説明

まずは映像の流れについて、簡単に説明。

  1. プロの無職してます。という挨拶の1カット
  2. 講演会が始まる前の会場の雰囲気
  3. 運営スタッフやるってぃさんのオンラインサロンのメンバー
  4. 講演が始まり、アイスブレイクが始まったときの様子。
  5. カメラに向かって語りかける、るってぃさん。
  6. アイスブレイク終盤、打ち解けてきた参加者たち。
  7. るってぃさんがスライドの前で講演する姿
  8. るってぃさんのTwitterアカウント、各メディアの簡単な紹介

 

といった感じです。終始素敵な雰囲気の講演会でした。

講演会の内容が気になる方、Twitterで『#るってぃ講演会』と検索すればたくさん出てきます。

 

映像制作において特に意識したこと

与える印象が登壇者の考えとマッチしているかどうか

登壇者である、るってぃさんがこういうツイートしてたので

「参加者側もディスカッションに巻き込んでる」

「緊張感がない雰囲気」

というものが伝わる映像にすることを第一に考えて作ってます。

 

そのために音楽もリラックスした感じの曲を使ったり

映像の色調の赤を抑えつつ、青と緑を強めることで

全体的に尖った感じのない、やわらかい雰囲気を出しました。

 

結果として、実際に同じ空間にいた人からこのような感想をもらえたので一応、成功かな?

(このツイートをしてる、びーやまさんが元の動画を撮影してくれました。ありがとうございます。)

 

曲調が変わるときには映像のタイプを変えてる

メロディーの調子が変わるときに場面を切り替えるようにしてます。

見る人が自然に場面が切り替わったことを理解できるようにする。

ということを意識してました。

 

反省点は最後のスライド前でのトーク場面

20秒くらい、るってぃさんがスライドを背に話してる場面があるんですけど

「ああ、ここもうちょっといい見せ方あったな。」と後になって思いました。

10:0で一方的に話してる感が少し出てしまったかな?というのが個人的な反省点。

 

講演会のあとの交流会もすごく素敵な雰囲気だったんです。

このときの動画を取っておくべきだったなあ。とも少し後悔しました。

 

作品の裏話を3つほどご紹介

使ってる曲の名前はdreams、その理由は参加者。

今回BGMにDreamsって曲を使ってて、これにもちゃんと理由があります。

 

さきほど少し触れた、講演会のあとの交流会。

将来どういうことをしたいのか、どうなりたいのか。などの夢をみなさんが語り合ってたんですよね。

このときの雰囲気がほんっとに素敵すぎて、自分の中に強く残ってたのでこの曲を選びました。

 

ちなみにフリー音源です。気になる方はYoutubeでフル試聴できます

 

僕が肩を組んでるときのやりとり

最初の方で、僕が肩を組みながらなにか言ってますよね。

あのやりとりには

 

ヒロ
プロフィール記事の神。

ざき
やめろやっ//

 

っていう、ただじゃれてるだけラヴいシーンがあったのです。

 

いや、ざきって誰だよって方は、

「ざきたすブログ」運営者のざきとライティングの意見交換したから全公開するよって話。

という記事で触れているので、そちらも合わせて読んでもらえると嬉しいです。

 

やりとりに挙がってた彼のプロフィール記事はこちら

殴られ、蹴られ、存在を否定され、僕は全てを終わらせた。ざきのプロフィール

プロフィール記事なのに物語を読んでる気分になります。

 

るってぃさんがiPhoneを握り締めながら話してる内容

びーやまさん
なにニヤニヤしてんすか。

るってぃさん
いや、ツイッターがすごい勢いで呟かれてて。

びーやまさん
ほんとに?うおお。

るってぃさん
いやもう幸せです。ありがとうございます。

びーやまさん
エゴサーチして?!

るってぃさん
エゴサーチして、帰ってにやにやしてやろうと思います。宝物っすこれは。

 

この部分、編集しながらほっこりした気分になりました。

 

編集はiPhone7、使ってるアプリはCute CUT Pro

今回の編集にはiPhone7&Cute CUT Proというアプリを使っています。

よっぽど特殊な編集以外はこのCute CUT Proで対応できるので

  •  iPhoneで撮影した動画を手軽に編集したい
  • パソコンを持ってないけど、少し本格的な動画編集をしてみたい

という方におすすめです。

少し高いので、無料版のCute CUTを試しに使ってみるのもアリですね。

 

使い方については今回省略しますが、気になることや質問などありましたら

僕のTwitterContactまで気軽にご連絡ください。すぐに対応いたします。

 

まとめ

  • 登壇者の思いと見た人がどう感じたか。が重なることを意識して制作した
  • 音と映像をリンクさせることにも注意した
  • 僕とざきはじゃれてただけ
  • るってぃさんはエゴサして、すごく喜んでた
  • 編集はiPhone7、使ってるアプリはCute CUT Pro

といったところです。

 

今回、自分の作った映像の、それぞれの要素についてお話しした訳なんですけど

 

「こういうお話って、作り手の人が言わない限りわからないから、どんどん出した方がいい。」

 

という話を最近、僕が大好きな方から聞いたので、はじめての試みとして挑戦してみました。

(この話についても近い内にしたいなあ。と思っているので、しばしお待ちを。)

 

「へー、そうだったんだ。」

って思って、もう一度見て貰えたら嬉しいです。

 

あと、Twitterで記事への感想とか呟いて貰えたら、全力でお礼に参ります。

もしよろしければ、そちらもどうぞぜひ。

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です