「お洒落と便利をコンパクトに。」

バックを持たず、できるだけ少ないモノを持って出かけたい。

日頃からそう考えていて、最低限のカードとお札だけを持ち運べるマネークリップを3年ほど愛用しています。

ストレスはないのですが、カード類を2,3枚しか持ち歩けないことにちょっとした物足りなさを感じてました。

 

その物足りなさを解消してくれたのが “SECRID” のカードケース。

アイスランドへの旅行中に雑貨屋さんで一目惚れして購入したのですが、間違いない恋でした。

 

スポンサーリンク

ボディのコンパクトさ。それに反比例する存在感。

こちらがSECRIDのカードケース。

サイズは手のひらに収まるくらい。

高級感を感じさせるダークグレーのボディが存在感を放ちます。

 

横から見ると、側面に小さく “SECRID” とロゴが入っています。

このブランド名を主張しすぎないところががまた◎

 

SECRIDのカードケースとStussyのマネークリップ。この2つが僕の定番。

僕の財布はこの2つ。

お札をマネークリップ、カード類はSECRIDのカードケース。といった具合に分けています。

 

基本的に軽く出かけるときは、カードケース・マネークリップ・iphone。この3つだけ。

 

お釣りに小銭を貰ったときはポケットにじゃらじゃらっと入れちゃってます。

買い物はApple Payとクレカで済ませているので、そもそも現金をあまり使うことがないんですけどね。

 

小銭は帰宅した時に玄関に置いてあるバケツに入れて、満杯になったら自分へのちょっとしたご褒美につかいます。

 

SECRIDを使ってみる。カードが飛び出ます。

SECRIDのかっこいいポイントがココ。

おしりの部分についてるレバーを動かすと、「シャッ!」っとカードがこんにちは。

これが気持ちよくて、何もなくてもついついやっちゃいます。

 

そしてこのカード、よくみてみると1枚ずつ段差になっているのが分かりますか?

この仕様のおかげでスマートに取り出せるんです。

 

ちなみにカードは最大で6枚入るようになっていて、僕は免許証、クレジットカード、銀行のキャッシュカード、保険証、あとの2枚をその日のプランによって変えてます。

ポイントカード類はスマホサイフなどのポイントカードアプリを使ってるので入れていません。

 

その他のガジェット類との相性もバツグン。

相棒のMacbook Pro、Satechiのマルチハブと並べても相性抜群です。

 

上品で、美しく、かっこいい。

普段から持ち歩くモノをよりコンパクトにしたい、減らしたい。でもちゃっちいモノは嫌だ。

SECRIDの財布・カードケースはそんな方におすすめです。

 

 

 

こういうアイテムを手にすると、おしゃれに決めてカフェに足を運びたくなります。

関連:こだわりの一足をメンテナンス。出張靴磨きをお願いしてみたら想像以上の満足度だった。

 

今日のひとこと

すぐにモノを失くすので、行き着いた答えが「出来るだけなにも持ち歩かないようにする」でした。

これくらいコンパクトだとポケットからほとんど落とさないのでおすすめです。

スポンサーリンク

banner