足元を見る、足元をすくう、足元にも及ばないなど、日本では”足元”がその人となりを判断する材料のひとつになっています。

 

”オシャレは足元から”

一度は聞いたことがあるこの言葉もそれに該当するフレーズ。

 

”人は見た目や服装で判断するものじゃない。”

そう思いつつも、スーツをカチッと着こなし、手入れの行き届いたアイテムを身に着けている方をみると好印象を抱きます。

 

そんなときに自分の足元を見てみると、手入れを怠ったがためにボロボロの革靴。

「これはちょっとみっともないな。」と感じたので、靴磨きのプロにお願いしてみました。

これがとても良かったので今回は共有したいと思います。

 

お気に入りの一足を磨いてもらいました。

20180421 DSC06255 min

僕が18歳から愛用しているお気に入りの一足がLUIS VUITTONのレザースニーカ一

5年間まったく正しい手入れをできてなかったためすっかりボロボロ。

 

どうにかしたいなあ。とは思いつつ、全然手を付けれてなかったので靴磨き師のtaipeに依頼しました。

 

出張靴磨き@カフェ

20180421 DSC06246 min 20180421 DSC06249 min

この布を巻く仕草だけで短編映像を撮れそうですね。

 

20180421 DSC06238 min

指で伸ばした専用のクリームが丁寧に塗り込まれていきます。

 

どんどん輝きを取り戻していきます。このとき自分でもできるお手入れの方法をレクチャーしてもらいました。

 

ハニーラテを楽しみながら磨き上がる様子を眺めます。絵になりますね。

さらっと紫のシャツをうまく着こなしているところや、チラッと覗くダンヒルのネクタイがニクい。

 

20180421 DSC06236 min

磨き終わった様子。左手に収まっている靴は新品かと思うくらい潤っています。

 

おかえり。これからもよろしく。

20180421 DSC06227 min

履いてみた図を上からパシャり。こんなにキレイになりました。

ただ磨くだけじゃなく、磨く過程やその際の会話などの”靴を磨いてもらう体験”をも堪能できたことが満足度をさらに押し上げてくれます。

 

20180421 DSC06268 min

引きで見るとこんな感じ。足元の輝き具合に見惚れてしまいました。

こうやって定期的にメンテナンスして、長く使っていきたいものです。

 

COIN POCKETから靴磨きを依頼してみよう

20180421 DSC06296 min

この記事を読んで「気になる。」と思ったあなたに朗報。

今なら “ヒロの紹介” と言っていただければ、50%オフの料金で磨いてもらえます。

出張・郵送の対応も可能で、スニーカーなら¥500、革靴でも¥1,000からと良心的な価格。

期間限定での試みになるので気になる方はお早めにどうぞ。

taipeのSNS・BLOG
Twitter:@peipeitaipe
Blog:Shoeperoence

 

今日のひとこと

革製品ってオトナになった感が出ていいですよね。

Sponsored by
banner