旅しながら情報発信するのは難しかった。その反省点と対策まとめ。

 

旅をしながら情報発信する。という生き方、楽しそうで憧れますよね。引用 : ムーミン公式サイト

 

時間も場所も選ばない、あの何にも縛られてないよ感。

 

ほんとに憧れるので、今回旅行の際に練習がてら情報発信してみました。

 

 

が、

 

 

予想以上にはかどりませんでした。

今回はそうなった理由とその対策を、旅をしながら発信したい人の参考になるようにまとめました。

 

なぜ難しかったのか

 

  • インプット量が多過ぎた
  • アウトプット力が低過ぎた

結局のところ、これに尽きます。

 

インプット情報が多い&整理されていない。

すき間時間に処理しようとしてもアウトプットに手間がかかる。その結果どんどん遅れる。

本腰入れてやろうとしても予想以上に情報量が多くて手間取る。

 

普段の情報整理・発信方法のぬるさが顕著に出ました。

 

また、普段なら移動時間などのすき間時間を利用して発信するんですけど

その移動時間すらインプット対象なのでなかなかリズムを掴みづらい印象もありました。

 

今回の反省点

インプット時、あれもこれもと詰め込み過ぎた。

 

  • 無駄な作業が多過ぎた

最初に必要な情報量を洗い出せてなかった。

 

  • 思いつくままにメモしてた

あとで目的のメモを見つけても分かり辛かった。

 

  • データ整理がされてなかった

目的のデータを探すのが大変だった

 

アウトプット方法が少な過ぎた

 

  • SNSを活用できてなかった

フリーWi-Fiスポットが予想以上に少なくて使える場面が限られていた&そもそも使い方が下手くそだった。

 

  • パソコンでの記事更新しかしたことなかった

パソコンを自宅に忘れたので生産力大幅ダウンした。

しかし

記事の更新&アイキャッチ、記事内画像の作成をスマホで行う方法が分かったのでそこは収穫でした。

 

アウトプット速度が遅過ぎた

 

単純に文章作成スキルが低い上、伝え方が下手くそ過ぎるのに加えて、

「後でWi-Fiあるとこでやろう」

がそのまま次のインプットに夢中で流れる。という最悪のパターンが多かったです。

 

なので、すぐにアウトプット出来るように

  • モバイルWi-Fiを契約しておく
  • SNSで小まめに発信する癖をつける
  • スマホで記事更新する癖をつける

は必要だと感じました。

 

思いついた対策

 

上に述べた反省点を解消するために

 

  • 必要な情報をしぼってインプットする
  • インプットした情報の整理方法を決める
  • インプットとアウトプットの時差を減らす
  • 純粋なアウトプット力の強化

 

こうすれば解決できんじゃね?というのが今の考え。

 

その具体的な方法

伝えたい情報ごとに整理方法を考える

あれもこれもと思ったけど必要なかった。

なんてことを防ぐために自分の取り扱うジャンルごとに必要な情報を決めておきます。

あとでごちゃごちゃして分かり辛いのは最悪なので。

 

たとえば、もし美味しいレストランを見つけて紹介したいと思ったとき

ジャンル ▶︎ グルメ

必要な情報 ▶︎ お店の名前、場所、料理・メニュー・外観、HPの有無、補足

伝えたい内容としては大体こんな感じですよね。

 

こういう風にジャンルごとに必要な情報を決めておけば、だいぶスッキリします。

あとはメモアプリや写真アプリの使い方マニュアルを自分で決めておいて、最短ルートでインプットするだけです。

 

整理した情報をすぐSNSでアウトプット

インプットした情報をすぐにアウトプットする方法としてSNSはとても重要です。

各SNSごとに特徴があるのでそれを踏まえて用途を分けておくか、それらを連動させましょう。

 

ちなみにぼくの場合

Twitter

文字数、画像数ともに少。位置情報追加可能。リンクが貼れる。後から編集不可能。

 

【引用+コメント+写真+リンク】で

 

ここおすすめだよ!詳細はこっちで確認してね。というようなプチまとめとして使えそう。

Instagram

文字数、画像数ともに多。位置情報を追加可能。リンクを貼れない。後から編集可能。

 

【写真+詳細な説明+位置情報】で

 

なにがオススメなのか、といった具体的な内容まで詳しく紹介出来そう。

といった感じ。

 

なので、もし美味しいレストラン情報を発信したいときは

 

Instagram

  • 料理、メニュー、お店の写真
  • 簡単な説明文(詳細なものはあとで出来る)
  • 位置情報

Twitter

  • ↑で使った写真
  • Instagram投稿のリンク
  • 簡単な説明
  • お店のURL

という方法で発信します。

あとはTwitter、Instagram両方からの引用+コメントで簡単に記事を作成することができますね。

 

アウトプット速度を高める

  • 入力速度を速める

単純に1秒あたりに入力できる文字数が増えるだけで大きく変わります。ブラインドタッチをタカタカターンってできる人は理想です。

ぼくは今後スマホでのフリック入力の速度向上と、音声入力の使い方に注力していきます。

 

  • よく使う言葉を辞書に登録する

端末のユーザー辞書に登録しておくとだいぶ速度が上がります。

記事の最初に簡単な自己紹介を入れてる人とかはそういうのを登録しておくと、多少負担が軽くなりそうですね。

 

  • SNS引用+コメントを使う

小出しでアウトプットしたものをまとめて1つの記事にします。

1から書き始めるのもいいですけど、こういうのも効果的に使っていきたいです。

 

まとめ

旅をしながら情報発信する方法

  • インプット時は必要な情報と、その情報の振り分け方を決めておく
  • ↑とほぼ同時進行でSNSへアウトプットする
  • 自分の文章の型にそれをはめ込んで、記事として発信する

この記事が旅をしながら情報発信したいという人の参考になれば幸いです。

また、スマホで出来るようになればより効率的に作業できるようになるので積極的に取り入れてみてください。