落合陽一さんの著書「日本再興戦略」がおもしろすぎた!変化の激しい今を生きる現代人におすすめの1冊

 

どうも。ヒロです。

 

先日、出版された落合陽一さんの著書「日本再興戦略」を読んだんですけど

めっちゃくちゃ良かったので、是非この場でご紹介させてください。

 

スポンサーリンク

banner

”現代の魔法使い”と称される著者の落合陽一さん

メディアアーティスト/博士(学際情報学)/Pixie Dust Technologies.Inc CEO/筑波大学 学長補佐/デジタルネイチャー推進戦略研究基盤 基盤長・准教授/大阪芸術大学客員教授/デジタルハリウッド大学客員教授/VRコンソーシアム理事/一般社団法人未踏理事/電通ISIDメディアアルケミスト/博報堂プロダクツフェロー

引用:http://yoichiochiai.com/

僕が落合さんのことを知ったのはメディアアーティストとしての活動を見たことがきっかけ。

テクノロジーとアートを融合させて新しいものを創り出す姿をみて衝撃を受けました。

それだけではなく上述のように多方面で活躍されていて”現代の魔法使い”と称されるような方です。

落合さんの活動を見ていると、未来への想像が広がってワクワクしてきます。

 

そんな落合陽一さんの著書「日本再興戦略」のあらすじ

AI、ブロックチェーンなどテクノロジーの進化、少子高齢化、人口減少などにより、世界と日本が大きく変わりつつある。

今後、世界の中で日本が再興するにはどんな戦略が必要なのか。

テクノロジー、政治、経済、外交、教育、リーダーなどの切り口から日本と日本人のグランドデザインを描く。

 引用:Amazon

 

世間的にもかなり注目されていたみたいで発売前に重版が決定したそうです。

 

「日本再興戦略」の内容を一部紹介

高度経済成長の3点セット

高度経済成長の正体とは「均一な教育」「住宅ローン」「マスメディアによる消費者購買運動」3点セットだと僕は考えています。

 

ワークライフバランスからワークアズライフへ

オンとオフの区別をつける発想自体がこれからの時代には合いません。無理なく続けられることを、生活の中に入れ込み複数行うのが大切なのです。

これからの日本に大事なのは、いろんなコミュニティがあって、複数のコミュニティに所属しつつ、そのコミュニティを自由に変えられることです。

 

東洋のイメージをブランディングする

これからの自動車企業は、道具ではなく、生活様式、ライフスタイルを定義するブランドみたいなものなっていくでしょう。国内企業も乗る人の生き方を規定してあげるブランドのようなものになっていかないといけないのです。

たとえば、スタバでMacを広げて耳にAirpodsをつけて、腕にApple Watchをつけて、ポケットにiPhoneを入れているというのは、生き方ではないでしょうか。アップルは単なる製品ではなく、ライフスタイル自体をデザインしているわけです。

 

ICOは新しい「国の形」をつくる戦略

中央政府は、F・ラサーンの言う夜警国家になればいいのです。日本全体の道路整備や国防に予算を集中すればいい。

ほかの仕事は地方に任せたほうが、日本全体にとって効率的です。これらの新しい「国の形」をつくる戦略は決して夢ものがたりではありません。

 

「日本再興戦略」のレビュー

最初にも述べましたが、ものっっっすごくいい本です!

正直これからの日本に不安しかなかったのですが、読み終える頃には「まだまだこれからだな。」と未来に希望をいだいてました。笑

 

内容としては現在のテクノロジーや時代の流れなどから推測して語られる未来予想や、日本がこれから取るべき戦略が面白すぎて一気に読めます。

歴史、テクノロジー、国政、戦略、働き方、教育、、学べることがたくさんあって、迷ったときに読み返したい1冊です。

 

ただ、専門用語が多くてすこし難しめかも、、という印象でした。

ちゃんと全体を通してたくさんの注釈があるのですが、全く知らない人が読むと「?」となる部分があるかもしれません。

 

ただ、僕がここ最近読んだ本の中では1番の良書だったと言えます。

 

今すぐ読みたくなる!「日本再興戦略」のもくじ

この本のもくじです!

ところどころと気になる部分があるはず。

眺めてるとなんだか読んでみたくなります。

 

第1章 欧米とは何か

  • 「欧米」というユートピア/「西洋的な個人」の時代不適合性
  • 「わかりやすさ」の対極にある東洋思想
  • 日本というブロックチェーン的な国家
  • 平成という破壊の時代を超えて

 

第2章 日本とは何か

  • 日本の統治構造を考える
  • イノベーティブな日本の宗教
  • 日本にはカーストが向いている
  • 百姓という「多動力」
  • 中流マスメディアの罪日本は超拝金主義
  • 日本を蝕むトレンディードラマ的世界観
  • 「ものづくり」へのリスペクトを回復せよ 

 

第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか

  • コンビニに行かなくなる日
  • 「人工知能と呼ばれているもの」の本質
  • 最適化・統計・創発
  • 東洋のイメージをブランディングする
  • 人と機械が融合する自然
  • テクノロジー恐怖症との折り合い

 

第4章 日本再興のグランドデザイン

  • 人口減少・高齢化がチャンスである3つの理由
  • ゲートのない世界へ
  • ブロックチェーンと日本再興
  • 日本はトークンエコノミー先進国
  • 地方自治体によるICOの可能性
  • シリコンバレーによる搾取の終わり
  • ビットコインの未来を占う「3つの問い」
  • 第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)
  • 日本だからこそ持てる機械化自衛軍/インド・中国・北朝鮮/揺らぐ民主主義

 

第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)

  • 日本だからこそ持てる機械化自衛軍
  • インド・中国・北朝鮮
  • 揺らぐ民主主義

 

第6章 教育

  • 新しい日本で必要な2つの能力
  • 幼稚園には行かなくてもいい
  • センター試験をやめよ
  • MBA よりもアート 

 

第7章 会社・仕事・コミュニティ

  • 「ワークアズライフ」の時代
  • 兼業解禁と解雇緩和をセットにせよ
  • 士農工商を復活させよ
  • 「ホワイトカラーおじさん」の生かし方
  • 年功序列との決別
  • 「近代的人間」からの卒業
  • 「自分探し」より「自分ができること」から始める
  • モチベーション格差の時代

 

「日本再興戦略」を読むのをおすすめしたい人

  • 自分が所属する企業や社会に違和感を感じている人
  • 日本のことが好きな人
  • 未来のことを想像するのが好きな人

 

「日本再興戦略」を読むのをおすすめしない人

  • 専門用語を注釈で理解しながら本を読むのがイヤな人
  • 日本のことが好きじゃない人
  • 未来のことに興味がない人

 

いま、売れて(読まれて)ます!!

日本再興戦略、なんと発売からたったの1日で8万部突破!

かなり反響があることがわかりますね。

執筆時点でAmazonのビジネス実用本カテゴリでも1位のベストセラーになっています。

 

僕の周りでは本屋さんで売り切れてて買えなかった人もいるそうです。

 

ネットで見かけた感想をいくつか紹介

他の人達はどう思ったのかなあと思って調べてみると、高評価の嵐!

やっぱそうですよね、ほんとよかったもん。うん。

 

最後に。

以上、日本再興戦略の感想・レビューでした!

自分がいま日本に感じていた違和感の正体に気づけて

その課題に対する落合さんのアタマの中を知れる1冊。

 

是非ともこの記事を読んでくださった方全員に読んでもらいたい。で、感想を語り合いたい!

そう思うくらい、超おすすめです。

 

それじゃ今日はこの辺で。ではでは。
この記事を読んだあなたにおすすめの記事です

スポンサーリンク

banner